ホーム > 相続について > 遺言・生前贈与について

ご家族の為に遺言書の作成を

遺言書作成について

相続手続きの流れは遺言の有無で大きく二つに分かれます。
遺言がある場合はそれが最優先され、遺言の内容に従った相続手続きが行われることになります。
また、遺言は厳格な要式行為で法律で細かく規定があります。
遺言を書かれても、要式が整っていなければ効力が認められず、残された方の間に争いを巻き起こすことにもなりかねません。
ご自身に合った遺言書の種類をお選び頂き、ぜひ一度司法書士などの専門家にご相談されることをお勧めします。

こんな方へ

遺言書のメリットについて

公正証書・遺言書作成の流れ
























遺言書の種類

遺言者の全文を自分で書き(自筆)、署名・押印をして自ら保管することを言います。用紙とペンがあればいつでも作成できます。
自筆証書遺言は、気軽に作成することができて、費用もかからないので魅力的といえば魅力的ですが、一方で、様式の不備で無効になったり、偽造、隠避や紛失の可能性もありますので、実現性に少々不安が残ります。

    メリット

  • 手軽に自分で作成できる
  • ほとんど費用がかからない
  • 内容を秘密にできる

遺言者の意思に基づき、公証人が遺言書を作成し、原本を公証役場に保管します。
公証人が関与しているため様式不備を回避でき、偽造・紛失の危険もなく、遺言書の内容がきちんと実現されるという安心があります。一方で、証人が2人以上必要であったり、公正証書を作成するのに費用がかかる難点もあります。

    メリット

  • 公証人の関与で様式不備を回避できる
  • 公証役場に保管し紛失の心配がない
  • 家庭裁判所の検認が不要

自筆証書遺言と公正証書遺言の中間的な方式であり、その名の通り内容を秘密にしておきたい場合に作成するものです。書かれた遺言書は遺言者がその証書に署名、捺印した後、封筒に入れ、その印と同じ印で封印を押します。
それを公証人、と証人(2人)の前に提出し、封書に遺言者本人、証人及び公証人が署名捺印します。
手間がかかる割にはそんなにメリットが少なく、実際はほとんど利用されていないのが現状です。

    メリット

  • 代筆やワープロで作成が可能
  • 内容を秘密にできる

生前贈与

 生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分けて税金対策をする行為です。自分の財産を、生前に贈与することによって、将来負担すべき相続税を少しでも押さえるために利用されている制度です。
 ただし、生前贈与を行うには、自身の財産状況を明確にしうまく活用しなければ、かえって税金が高くついてしまう恐れがありますので不動産の贈与を場合は、司法書士などの専門家にご相談されることをお勧めします。
当事務所は、各士業専門家との提携がありますので、トータルでサポートさせて頂きます。
 
 つまり、一般のサラリーマン家庭においては、生前贈与が相続税対策の一貫として役に立つかどうかは不明確です。よって、相続税対策として生前贈与を活用しようと考えているのであれば、まずは被相続人の資産状況を、しっかりと把握することが必要です。


やなぎ総合法務事務所では、司法書士とファイナンスシャルプランナー(CFP)などの専門家が共同でお客様の贈与をコーディネイト(プランニング)します。

 
メリット
譲りたい方に、譲りたい物を確実に譲ることができる(相続争いの予防になります)
自分の贈与した物が、どのように利用されるかを自分の目で確かめることができる
贈与の方法によっては、相続税対策となる

生前贈与の流れ


現状の確認や計画など、自己破産にあたっての事項をお伺いいたします。
→無料相談はこちら





ご相談の内容を元に贈与証書を作成いたします。



登記の申請書の内容は、贈与証書に沿って作成します。



登記の申請書に集めた書類をまとめ、贈与する不動産を管轄とする。法務局に登記申請をします。






ご依頼いただきましたお客様に、今後も法的問題のサポートをいたします。