ホーム > 相続について > 相続手続きについて

相続手続きについて

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書 遺産分割協議書とは誰がどの財産を受け継ぐかを記録した書面です。
ある人が亡くなったとき、遺言が存在すればその内容を優先して遺産が分割されます。
遺言がない場合は、相続人全員で話し合い、その上でそれぞれの相続分を決定します。
この話し合いを遺産分割協議と言います。
協議で決定した内容を遺産分割協議書に記録します。
 

相続手続きの流れ(当事務所にご依頼された場合)

 
只今、無料個別相談の受付をしております。債務整理、相続に関して気になること、知りたい事があれば何でも結構ですのでお気軽にご相談ください。事前に連絡頂けましたら、夜間・土曜・日曜でもご相談可能です!
 
 
 
相続財産 相続財産とは被相続人(亡くなった方)が残した経済的価値のあるものすべてのことをいいます。預貯金、不動産、株券、自動車等といったプラスの財産の他借金等のマイナスの財産も含まれます。これらの財産を調査し確定します。
 
 
 
相続人の確定 被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍を取り寄せ誰が相続人になるかを調査します。具体的には戸籍謄本、除籍謄本改正原戸籍謄本等を取り寄せることになります。死亡した方の年齢が高い場合や、転居した回数が多い程、手続が多くなります。
 
 
 
相続人全員による協議 相続人全員で話し合い、遺産の分割方法を決めます。相続人が各地にバラバラに居住しているなどで同じ場所に集まることが困難な場合は電話や書面による話し合いでもよいとされています。全員が充分に納得し合意すると協議が成立します。
 
 
 
協議が成立した場合、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書の作成は法律で義務付けられてはおりませんが,預貯金や不動産の名義変更手続の添付書類として必要な場合がたくさんあります。また全員が合意した証として後々のトラブルを防ぐためにも有効です。したがって遺産分割協議が成立したら早めに遺産分割協議書を作成することをおすすめ致します。
 
 
 
遺言書や、遺産分割協議書に従って、遺産についての名義変更をする必要があります。(不動産の相続登記など)
 
 
 
遺産分割協議書の作成 その他の名義変更に関しても、ケースに応じて手続きに必要な書類が若干変わります。必要とされる書類や印鑑も多くなりますので
専門家である司法書士に依頼される事をお勧めします。