生前贈与することにより将来負担すべき相続税を押さえることができます。

生前贈与

 生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分けて税金対策をする行為です。自分の財産を、生前に贈与することによって、将来負担すべき相続税を少しでも押さえるために利用されている制度です。
 ただし、生前贈与を行うには、自身の財産状況を明確にしうまく活用しなければ、かえって税金が高くついてしまう恐れがありますので不動産の贈与を場合は、司法書士などの専門家にご相談されることをお勧めします。
当事務所は、各士業専門家との提携がありますので、トータルでサポートさせて頂きます。
 
 つまり、一般のサラリーマン家庭においては、生前贈与が相続税対策の一貫として役に立つかどうかは不明確です。よって、相続税対策として生前贈与を活用しようと考えているのであれば、まずは被相続人の資産状況を、しっかりと把握することが必要です。

やなぎ司法書士事務所では、司法書士とファイナンスシャルプランナー(CFP)などの専門家が共同でお客様の贈与をコーディネイト(プランニング)します。
 

生前贈与のメリット

生前贈与には、以下のメリットがあります。

  • 譲りたい方に、譲りたい物を確実に譲ることができる(相続争いの予防になります)
  • 自分の贈与した物が、どのように利用されるかを自分の目で確かめることができる
  • 贈与の方法によっては、相続税対策となる

生前贈与の流れ


現状の確認や計画など、自己破産にあたっての事項をお伺いいたします。
→無料相談はこちら





ご相談の内容を元に贈与証書を作成いたします。



登記の申請書の内容は、贈与証書に沿って作成します。



登記の申請書に集めた書類をまとめ、贈与する不動産を管轄とする。法務局に登記申請をします。






ご依頼いただきましたお客様に、今後も法的問題のサポートをいたします。