お知らせ・ニュース

2020年4月28日 火曜日

専門業者による消毒・除菌作業を行いました

弊所では、現時点においては、幸い従業員並びに依頼者の皆様、お取引先業者様等から
新型コロナウイルス感染及び感染者ご家族の旨のご連絡はいただいておりません。
しかし、どうしても直接面談を必要とするご案件がある中、今後の新型コロナウイルス感染症を予防するとともに、皆様に安心してご面談にお越しいただけるよう、
4月26日に弊所事務所・応接室及び倉庫等 弊所使用の一切の設備を専門業者へ依頼し、消毒・殺菌作業を行いました。

弊所は幸い、専門業者様に除菌・消毒いただくことができましたが、専門業者への消毒・除菌の依頼は殺到しており、多くの方が予約待ちであるとお聞きしており、ニュースでもよく拝見します。
少しでもご不安がおありの方は、専門業者含め、地道な消毒や、手洗い・うがい・マスク着用等できることからコツコツと感染拡大予防に努めていきましょう


弊所でも、引き続き新型コロナウイルス感染拡大予防に努め、日々、細心の注意を払い活動していく所存でございます。
詳しくは、こちら"新型コロナウイルス感染拡大対策・対応についてのご連絡"をご覧ください。


過去ブログ「弊所の新型コロナウイルス
感染症拡大対策・対応についてのご連絡

弊所にお越しになる際も、ご安心してお越しください!



【作業風景】


投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月22日 水曜日

大阪府補正予算案 4154億

本日、4/22日新しいニュースが飛び込んできましたので弊所でも共有させていただきます。

大阪府の吉村知事は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療体制の強化や、休業を要請している事業所への支援金などを盛り込んだ、総額4154億円の今年度の補正予算案を発表しました。

新型コロナウイルス感染症による影響はまだまだ衰えるところを知りません。
緊急事態宣言は5月6日までとされていますが、その余波はそれ以上に続くことは確実です。今回の補正予算が組まれたことで今後も新しい政策が組まれると思われます。
その際はまた当ブログでご紹介させていただきます。

また現在、弊社にも
助成金などの問い合わせが多く寄せられています。
各省庁も大変込み合ってきておりますので、少しでも気になる方はお早めのご相談をお待ちしています。

投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月21日 火曜日

新型コロナウイルス感染症の電話相談窓口について


大阪府の対応策の一環として、各種相談窓口が新設されました。
どこに問い合わせればいいかわからない方は一度参考になさってください。


府民向け相談窓口について

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、府民の皆様からの健康相談に応えるため、令和2年1月29日(水曜日)に電話相談窓口を設置されました。

【相談窓口】
専用電話     06-6944-8197
ファクシミリ   06-6944-7579

【相談受付時間】
午前9時から午後6時まで (土曜・日曜・祝日も対応)

 

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)について

次の症状がある方は「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」にご相談ください。
 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

【相談対象者】

A 風邪の症状や37.5℃前後の発熱が4日程度続いている。(高齢者・妊婦・基礎疾患がある方は2日程度)
B 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。  

※3月1日発行の「府政だより令和2年3月号(No.434)」の掲載している相談対象者の内容に一部変更がありました。




府内在住外国人向け相談窓口について



外国人観光客向け相談窓口について





現在は新型コロナウイルス感染症による被害がない方も今後どうなるかはわかりません。
ご自身でもし、不安なことなどが出てきたらすぐに相談窓口へ連絡してみましょう。



投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月18日 土曜日

新型コロナウイルス感染症に関する詐欺にご注意ください。

新型コロナウイルス感染症に関して
厚生労働省を装った詐欺にご注意ください。

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口を設けて、皆様の対応をしてくれています。
厚生労働省を装い、「費用を肩代わりするので検査を受けるように」「個人情報を聞き出そうとされた」「助成金を受けられる」などの相談電話があるそうです。
厚生労働省からそのような連絡をすることはないので、ご注意ください。
他にも、「ネットでマスク、アルコールを買ったのに届かない。」「届いた体温計が粗悪品だった」等の被害や
マスク無料配布と記載されたSMSが届いて怪しい」「金の相場が高騰するので、購入する権利を買わないか」など、怪しい連絡があるという相談もあるそうです。

不審に思った場合や、悪質な勧誘を行う業者には耳を貸さないようにしてください。
今後、新たな手口での詐欺が行われる可能性がありますのでご注意ください!

厚労省のHP等でご確認下さい。


こういったことにならない為にどうすればいいか?
高齢になれば判断能力も衰えてくる人もいます。認知症等の対策として、家族信託,任意後見,財産管理,成年後見等の制度が存在します。
意思及び判断能力があるお子様に財産の管理を委託すればこういった詐欺にも合いにくいと思います。
弊所は家族信託を始め様々な対策の専門家です。ワンストップサービスが可能です。

みんなで力を合わせて乗り越えて行きましょう。


法律的な事柄に関しては、弊所でも相談受付しております。

フリーダイヤル
0120-021-462
TEL:06-6643-8200
受付時間 9:00 ~ 20:00
土日祝日:10:00~18:00

土日祝日も対応可能

司法書士法人やなぎ総合法務事務所

行政書士法人やなぎKAJIグループ





投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月17日 金曜日

「緊急事態宣言」の発表と「特定警戒都道府県」について

全国に緊急事態宣言 「Facetime(テレビ電話)無料オンライン面談」対応開始

16日全国に緊急事態宣言が出されました。
これまでと同様に、安倍総理大臣は「不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することを絶対に避けるようお願いする」と述べ、すべての国民に対し不要不急の移動を自粛するよう呼びかけました。

特定警戒都道府県の発表

また、これまでに宣言対象となっていた7都道府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)に加え、6つの道府県(北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府)を追加しました。
以上の13都道府県は、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして「特定警戒都道府県」と発表しました。

現在新型コロナウイルス対策として、現金給付案がありますが、困窮世帯限定の1世帯当たり30万円の現金支給はなくなり
国民1人当たり10万円の現金を給付するために動いています。どうなるのでしょうか・・・
本当に必要な方が受け取ってもらえるようにしてもらいたいですね。
外出自粛でストレスが溜まっている方や様々なことで悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。
ただ医療関係、法律は困っている人には必要だと思います。

弊所は現在、そういった方々をサポートするために最低限の人数で営業をしています。
自宅にいても法律相談(相続、遺言、信託等)が出来るように「Facetime(テレビ電話)面談」を始めました。
Facetime(テレビ電話)面談ご希望の方は、お申し付け下さい。

【面談予約はこちら】


なお、弊社の新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちら

http://www.yanagi-law.net/blog/2020/04/post-143-1490470.html

投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月17日 金曜日

新型コロナウイルスでの各銀行の対応

世間では緊急事態宣言が発動され、自粛要請で様々な販売店などが休業となっています。
そんな中でも政府からはライフライン、通信、金融業などに関しては通常と変わらない営業を要請しています。

ですが一般の方からすれば今、不用意に外出する事は心配でならないと思います。
今回は、生活をする上で行かなくてはならない場所の1つでもある
銀行の対応について、簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

ゆうちょ銀行

営業時間
変更前:平日9:00~18:00
変更後:平日9:00~16:00
※ATMの営業時間に変更はありません(ただし、ATMは、設置場所の休業や営業時間短縮等により、通常の営業時間と異なる場合がございます。)

なお、郵便窓口・ゆうゆう窓口については
営業時間を平日は19時、土日は18時まで(一部の郵便局は平日・土日ともに17時まで)に短縮し、24時間営業局の開始時間を7時に変更します。
※詳しくはゆうちょのHPで確認下さい。


りそな銀行

営業時間
変更前: 平日9:00〜17:00
変更後:平日9:00〜15:00
※ATMの営業時間に変更はありません(ただし、ATMは、設置場所の休業や営業時間短縮等により、通常の営業時間と異なる場合がございます。)

資金繰り等の相談についてはお取引店にて閉店後17:00までお電話で対応されております。

休日(土、日、祝)の資金繰り及びローン返済相談窓口
[中小企業、個人事業主のお客様からの資金繰りやご返済に関するご相談拠点]
電話窓口
フリーダイヤル:0120−37−3989(10:00〜17:00)
設置店舗: ビジネスプラザとうきょう、ビジネスプラザおおさか
受付日:土日、祝
※詳しくはりそな銀行のHPで確認下さい。


三井住友銀行

営業時間:10:00〜16:00
土、日、祝の営業は当面の間、臨時休業
※ATMの営業時間に変更はありません(ただし、ATMは、設置場所の休業や営業時間短縮等により、通常の営業時間と異なる場合がございます。)

【新型コロナウイルス感染症に対する取り組み】
新たなお借入れやご返済条件の変更等に関する窓口の開設
法人および個人のお客さまへ対し以下の通り、専用窓口を設置しておられます。
※詳しくは三井住友銀行のHPでご確認下さい。


三菱UFJ銀行

営業時間:平日9:00〜15:00
※ATMの営業時間に変更はありません(ただし、ATMは、設置場所の休業や営業時間短縮等により、通常の営業時間と異なる場合がございます。)

【新型コロナウイルス感染症に対する取り組み】4
(融資ご相談窓口、インターネットバンキングサービス等のご案内)
インターネットによるご相談(受付時間:休日を含む24時間)
(東京23区内、大阪市内、名古屋市内に所在する事業者のお客さま)

電話によるご相談(受付時間:9:00~17:00[銀行休業日を除く])
三菱UFJ銀行ビジネスローン部
フリーダイヤル:東京 0120-250-587 大阪 0120-325-552 名古屋 0120-330-688

その他、融資取引(事業資金)についてのご照会
ご照会専用ダイヤル 0120-206-655
(受付時間:土、日、祝、含む毎日 9:00~17:00)


※詳しくは三菱UFJ銀行のHPで確認下さい。


まとめ

各銀行では時間の短縮や祝日の自粛、最小限での人員配置など対応をされております。
なお、今回抜粋致しました銀行の他にも、皆様のお近くの銀行も同じように、なんらかの対策を取られていると思います。
感染予防のためにも最小限の人員配置で営業されている為、手続きに通常より時間がかかる事が予想されますので、時間にゆとりを持っていくことをお勧めさせていただきます。






投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月13日 月曜日

新型コロナウイルス感染拡大対策・対応についてのご連絡

令和2年4月13日

お客様各位 

 

 

新型コロナウイルス感染拡大対策・対応についてのご連絡

 

 

 平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

 過日、政府は、新型コロナウイルス感染症の急速な感染拡大の状況から、より一層の感染防止を図るため、7都府県
(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)に緊急事態宣言を発令しました。

 また、本日、大阪府においても、休業要請指定施設や、営業自粛、外出自粛を強く求める要請を発表しました。

 弊社 やなぎグループは、この緊急事態宣言の発令及び大阪府要請を受けて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止強化への対応から、
従業員及びお客様をはじめ関係者に対し、より一層の感染予防策を講じながら、法務・手続きサポートの営業を行い、社会的責務を果たすことができるよう、
以下の対策・対応を行うことと致します。

 
つきましては、お客様には、ご不便・ご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

末筆となりましたが、一日も早い新型コロナウイルス感染の収束をお祈り申し上げます。

 

                    記

(1)マスクの着用

・お客様とのご面談時にも、執務中も、従業員には会社支給のマスク着用を徹底しています。

・ご面談やお打ち合わせ時にも、マスクを着用させていただきますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

 

(2)応接室・執務スペースの消毒及び事務所全体の除菌対応

 ・応接室は使用する度に、机・ドアノブ等をアルコール消毒し、ドアを開放して定期的な換気を実施します。

 ・事務所全体の除菌を行います。

 

(3)従業員の勤務体制

・従業員に37.5度以上の発熱や風邪の症状が見られた場合には無理な出勤をせず、休暇取得を推奨します。

 また、従業員本人及び家族に感染/濃厚接触の疑いがある場合は会社に報告することを義務付けております。

・各事業所内での感染予防強化策として、従業員の時差出勤のほか、一部従業員においては、在宅勤務及び交代勤務制・休業等の実施致します。

 

(4)手洗い、咳エチケット等の励行

・勤務時、通勤時には、手洗い・消毒、うがいの実施を徹底しています。

 

(5)不特定多数の出入りについて

・お客様の出入りは、あらかじめご予約いただいた方に限定させて頂いておりますので、事前ご予約をくださいますようお願い申し上げます。

 

(6)セミナー中止・延期について

・参加者および関係者の皆様の健康・安全面を第一に考慮した結果、当面の間、集合形式のセミナーを中止・延期させていただきます。

 今後のセミナーの再開につきましては、当事務所のHPなどでお知らせしてまいります。

 

(7)ご面談・ご相談について

 お客様とのご相談については、緊急事態宣言期間中においてのみ、以下のとおりのご対応とさせていただきます。

・ご希望の方につきましては、電話又はテレビ電話でのご相談を承っております。

・ご希望の方につきましては、最小限人数・資格者による出張相談を実施させて頂いております。

・期限が迫っているご相談(相続放棄や相続税申告期限が迫っているなかでの遺産整理など)や急ぎの対応を要するご相談については
 ご来所・出張でのご相談とさせて頂きたく存じます。

 

※原則としましては、直接面談となりますので、収束後の面談もしくは、他郵送・電話録音等によるご本人様のご依頼意思の確認をさせて頂く旨、
 ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 

【ご来所される方へのお願い】
 

1.咳やくしゃみなどの症状がある場合は、マスク着用などにご協力ください。

 なお、体調にご不安のあるお客様は、感染拡大予防のため、ご予約日の変更などをお願い致します。

2.マスクをお持ちの方はご着用をお願いいたします。

3.入り口にアルコール手指消毒剤をご用意しておりますのでご活用いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

  以上

 

なお、記載内容に限らず、状況に応じて順次、対策・対応を変更させていただく場合もございます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 

 やなぎグループ 一同

 

司法書士法人やなぎ総合法務事務所
行政書士法人やなぎKAJIグループ
やなぎコンサルティングオフィス株式会社
やなぎ土地家屋調査士事務所

         
                      

投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL

2020年4月10日 金曜日

助成金や融資制度などについて

新型コロナウイルス感染症に対する助成金や融資制度などについて

世間では新型コロナウイルス感染症の流行により

影響はとどまることがありません。今回は新型コロナウイルスに対する助成金や融資制度などの対応策を出し、柔軟に対応してくれています。

私どもも一日でも早く治まってくれることを願っております。

今回は日々不安の中お過ごしであろう皆さまの中で、特に不安が大きいであろう個人事業主の方、フリーランスの方への新型コロナウイルスに対する助成金や融資制度などの対応策をご紹介したいと思います。


1、休業対応助成金 


① 小学校休業等対応助成金(事業者向け)


そこで有給休暇を取得された従業員がいる事業主対し、政府は打開策として1日あたり一人につき上限8,330円の助成金が出ることになりました。

新型コロナウイルスによる影響で、全国一斉休校などで、仕事を休まざるを得なくなった保護者が急増しました。


※手続きについての問い合わせは厚生労働省 担当課03-5253-1111


② 個人事業主、フリーランスへの日額助成金の追加

雇用されている方は保障がありますが、休業が収入に直結する個人事業主やフリーランスの方々については何もないと言われる中、不満の声を受け一定の条件を満たす場合には助成金が支払われることとなりました。

  条件内容  

   ● 新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業等をした小学校等に通う子供
   ● 新型コロナウイルスに感染した、または風邪症状などの新型コロナウイルスに感染したおそれのある小学校等に通う子供

①または②の子供の世話を行うことが必要となった保護者であって、一定の要件を満たす人は国から助成金として日額4,100円を受け取る事ができます

2、融資制度 無利子・無担保

① 資金繰り対策の融資について

融資条件として、個人事業主・フリーランスの方で設備資金及び運転資金に使用する目的に限り、制度を利用することが可能となります。

日本政策金融公庫や政府系金融機関は信用力や担保に関わらず、実質的に対策融資が無利子化されます。

※条件に該当すれば、すでに融資を受けている場合でも無利子となります。

融資対象者...フリーランスを含む個人事業主

融資上限額...6000万円(一部対象者は3000万円以内実質無利子)などあります。

返済期間は設備資金20年以内、運転資金は15年以内(うち措置期間5年以内)

② 生活資金の融資制度 無利子・無担保融資

休職した場合の助成金の対象にならない人や、失業者がいる世帯などを対象に、

最大で月20万円を無利子で貸し付ける制度です。こちらは事業に対しての融資ではなく、生活に対しての融資になります。

しかしまだ準備段階で具体的な手続きなどは告知されていません。

3、納税の猶予制度、所得税や消費税など申告期限・振替日の延長

新型コロナウイルス感染症を患った場合等、個別の事情がある場合は、納税の猶予が認められる場合があります。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により国税を一時的に納付することができない場合は税務署に申請すれば、

法令の要件を満たすことで、原則として1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められます(国税徴収法第151条の2)

①納付と換価の猶予の要件 

(1)維持を困難にするおそれがあると認められること (納期限前から相談できます)

(2)納税について誠実な意思を有すると認められること。

(3)換価の猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと。

(4)納付すべき国税の納期限(注1)から6か月以内に申請書が提出されていること

(5)原則として、担保の提供があること。(担保が不要な場合があります)

(注1)令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の確定申告は、延長された期限 (令和2年4月 16 日)が納期限となります。

(注2)既に滞納がある場合や滞納となってから6月を超える場合であっても、税務署長の職権による換価の猶予(同法第 151 条)が受けられる場合もあります。

国税庁では、上記の要件に限らず、個別の事情に該当する場合は、他の猶予制度を活用することもできるため、最寄りの税務署(徴収担当)にご相談ください

② 納付日と期限の延長について

国税庁の発表により、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、

所得税の確定申告や贈与税及び個人事業主の消費税の受付期間を

1カ月延長し、4月16日まで、納付期限についても以下のように変更されました



まとめ 

このように政府としても様々な政策を用意し、支援しようとしてくれています。

ただ、だれも経験したことの無い緊急事態ですので、日々状況が変わり、政策なども変化・増加しています。

当ブログを読まれておられるお客様の中で、税金の事などお悩みの方がいらっしゃいましたら弊所グループ会社で相談を受付けていますので、お気軽にご連絡ください


フリーダイヤル:0120-138-552 
英語対応電話:080-9346-2991
中国語対応電話:090-8456-6196

韓国語対応電話:090-8448-2133

投稿者 やなぎ司法書士事務所 | 記事URL