やなぎ総合法務事務所BLOG

2015年5月31日 日曜日

司法書士業務のお話。

こんにちは
やなぎ事務所です。

司法書士業務のお話。
司法書士とはどんなことをしているのか、すごく簡単に書きますが、、、

まず

よくTVやCM、電車の広告などで見かける、払い過ぎた利息を返してもらおうという過払い金返還制度や、破産の手続き、訴訟金額が140万円以下なら弁護士と同じように裁判をすることができます。

次に登記です。
登記にもさまざまな種類がありますが一般的には、不動産売買による登記と相続登記です。
不動産売買をしたときの所有権移転登記ももちろんですが、
ご両親がお持ちの不動産で相続登記がされていないままだと、家を売却したくてもまず、相続登記をしなければすぐに売ることはできませんし、
相続登記をするのに、多くの書類が必要で、たとえば出生から死亡までの戸籍や住民票や相続人の方全員の戸籍謄本、印鑑証明書など事例により、さまざまな書類が必要で、すべてを集めて遺産分割協議書を作成し、押印して頂くのに3か月以上もかかるケースもあります。

またこの平成27年1月に相続税が改正されましたので、これまでは相続税とは無縁だった人達が、対象となる可能性が出てきました。
しかし、事前にきちんと準備をすれば相続税の負担を減らすことができる場合もございますし、対策をすることで相続トラブルも未然に防ぐことができるのではないでしょうか?


そして成年後見の手続きです。
成年後見とは認知症や知的障害、精神障害などの理由で、判断する能力が不十分な方を支援する制度です。
判断能力の不十分な方々は、預貯金などの財産を管理したり、不動産の処分や相続の手続きなど、ご自身でこれらのことをするのが難しい場合があります。
また、自分にとって不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害に合うおそれがあります
こういったことを防ぐためにも後見制度を利用し、早めの対策をしてみてはいかがですか?


ご自身になじみがなく、どうすればいいのかわからい人がたくさんいらっしゃるかと思います。


弊社には、司法書士数名及び土地家屋調査士が在住してますので、安心してご相談下さい。

不動産、登記、相続、借金や債務のこと、困った事やお悩みの事があれば、なんでもご相談下さい。
フリーダイヤルがございます(0120-021-462)ので、そちらにご連絡下さい。


やなぎ総合法務事務所

投稿者 やなぎ司法書士事務所

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30